歯周病が悪化すると口臭も酷くなる

ゴッソトリノ

 

歯周病と口臭には密接な関係があるようです。

 

ヤフー知恵袋にも切実な悩みが投稿されているので紹介します。

 

 

31歳女性 歯周病と口臭について
歯周病が進行し、口臭がきつく感じるようになり悩んでます。
歯周ポケットは、前歯3ミリ、奥歯4ミリ、一番奥の二本が5ミリでした。
それでも歯磨きを頑張り、自分では随分改善案軽減されたと思っていましたが、
最近人と会話すると必ず鼻に手をやられます。
歯周病になったら、口臭は諦めるしかありませんか?
口臭に有効なブレスケア等ありましたら、教えて下さい。


 

 

 

33歳女性 最近、しばらく口臭に悩んでいます。歯周病、歯肉炎を患っています。
他にも胃腸が弱かったりして、空腹時に特に口臭が酷いと自覚しています。
たまに舌には舌苔が付着していたり、どれが最大の原因なのか正直分からず早めに医者に行こうと思っていますが。


 

 

ほかにも歯周病と口臭の悩みはセットになって数多くの投稿がありました。

 

このような口臭には、通販で販売されている ゴッソトリノ を一度試されてはどうかと思います。

 

ここでは、歯周病と口臭の関係と解決方法を紹介したいと思います。

 

日本人の30代の5人に1人は歯周病にかかっている

ゴッソトリノ

 

 

日本人の成人全体で見ると、約80%の人が、歯垢や口の中のトラブルをかかえていると言われています。

 

歯周病は高齢者がかかる病気と思われがちですが、30代でも5人に1人は4mm以上の歯周ポケットがあり、加齢によってさらに歯周ポケットが増えて、もっと深い歯周ポケットを持っていることがわかっています。

 

一方、口臭についても、加齢によって増加する傾向があり、口の中の口臭の原因物質(※揮発性硫黄化合物)の濃度が高まって、臭いニオイを発します。

 

※揮発性硫黄化合物とは
・硫化水素 : 口の中に原因がある時に検出される口臭原因物質
・メチルメルカプタン : 歯周病を原因とする口臭の場合に検出される口臭原因物質
・ジメチルサルファイド : 歯周病がある場合に検出される口臭原因物質

 

このように口臭原因物質が生まれる原因のほとんどが歯周病と舌苔(ぜったい)で、歯周病と口臭には密な関係があり、口臭対策の場合も歯周病の診断、治療の必要があると言えますね。

歯周病による口臭の原因とは?

そもそも歯周病とはどのような症状なのでしょうか?

歯周病は、細菌の感染によって引き起こされる炎症性疾患です。

 

歯と歯肉の境目(歯肉溝)の清掃が行き届かないでいると、そこに多くの細菌が停滞し(歯垢の蓄積)歯肉の辺縁が「炎症」を帯びて赤くなったり、腫れたりします(痛みはほとんどの場合ありません)。

 

そして、進行すると歯周ポケットと呼ばれる歯と歯肉の境目が深くなり、歯を支える土台(歯槽骨)が溶けて歯が動くようになり、最後は抜歯をしなければいけなくなってしまいます。

 

ゴッソトリノ

 

引用元:特定非営利活動法人 日本臨床歯周病学会 http://www.jacp.net/perio/about/

 

具体的には、口の中でいる嫌気性菌(酸素を必要としない細菌)が食べかすをエサをして増え、よく聞かれるプラーク(歯垢)の塊となります。

 

このプラークが歯周病の原因で、嫌気性菌が食べかすなどのエサに含まれるタンパク質を分解する時に臭気成分を発することで、口臭が発生します。

 

 

まだ、歯周病も初期段階であれば日々のブラッシングで除去できますが、奥歯など歯ブラシが届きにくいところには、歯垢が残っていることがよくあります。

 

注意しなければいけないのは、このプラークを放置してしまうとプラーク中の細菌が唾液の中に含まれているカルシウムやリン酸と結合して歯石となり歯の表面に付着してしまいます。

 

歯石は一度ついてしまうと歯磨きでは簡単に落とすことができません。歯石の表面はでこぼこなので、さらに細菌がつきやすく、最悪歯周ポケットの奥深くにまで繁殖してしまうのです。

 

ここまで進んでしまうとクリニックで歯垢を専門的方法で除去するしか方法はありません。、

歯周病が進行していくと口臭にどのように影響するのか?

ゴッソトリノ

 

先ほどからも説明している通り、口臭の原因は歯石が付着して歯周病が悪化することで、進行するとさらに口臭は悪化していきます。

 

歯周病により歯周の組織が破壊されると、細菌によるタンパク質の分解がどんどんと大きくなり、それにともなって濃度が高まり口臭も酷くなっていきます。

 

また、歯周病は初期段階ではほとんど痛みがありませんので、自覚しないまま症状が重症化していくケースが多く見られます。

 

昔よりはましになったとはいえ、歯医者は痛みがあるときに治療してもらうとイメージが強く、痛みがない状態で診察を受けることに抵抗を感じる人も多いのではないかと思います。

 

そうこうしているうちに歯周病は歯槽膿漏とも呼ばれるように、重度の歯肉炎になると膿が出るようになり、さらに口臭が悪化してしまうことになりかねません。

ゴッソトリノの2つの有効成分で口臭と歯周病を予防する

重度の歯肉炎になって膿が出るようになるまで進んでしまうと、歯科医に言って治療してもらうしかありませんが、初期段階であれば対策がないわけではありません。

 

そこで登場するのがゴッソトリノで口の中に含んでうがいをし、吐き出すだけの簡単ケアで人気が出ています。

 

かかる時間はわずか15秒です。

 

ゴッソトリノには、低刺激で口にやさしい10種類の植物由来成分が配合されており、マウスウォッシュの刺激が苦手な人でも大丈夫。

 

また、口臭・歯周病を予防する2種類の有効成分が配合されいます。

 

有効成分 その1 シメン-5-オール

 

ゴッソトリノ

 

シメン-5-オールは、イソプロピルメチルフェノールとも呼ばれ、ハンドソープや石鹸などの殺菌製品に多く使われている刺激が少ない安全な成分です。

 

特徴としてあげると

 

・ほぼ無味で無臭
・ほとんど刺激性がない
・細菌に幅広く殺菌力を発揮
・紫外線を吸収し、酸化を抑制
・長い時間効果が持続
・医薬部外品として厳しい基準をクリアしている

 

殺菌力に優れた成分なので、雑菌を徹底的に減らして口臭や虫歯の予防が期待できます。

 

有効成分 その2 アラントイン

 

ゴッソトリノ

 

コンフリーという植物から抽出された成分。

 

アラントインは抗炎症作用や組織修復作用を持ち、さまざまな化粧品などにも使われています。

 

この組織修復作用を持っていることで、歯周病など歯ぐきからの出血を抑えて傷の治りを早めます。

 

歯ぐきの炎症を防ぎ、歯周病を改善する作用を持っています。

 

歯周病を改善できるので結果として口臭の予防にも役立ちます。

 

ゴッソトリノの最安値、口コミ、効果、成分など、基本的な情報を知りたい方は、トップページから詳細を確認してください。

ゴッソトリノトップへ