ゴッソトリノは他のマウスウォッシュとは大違い!

ゴッソトリノ

 

ゴッソトリノと他のマウスウォッシュとの違いはどこ?

 

ゴッソトリノはわずか15秒間口に含んでくちゅくちゅするだけで汚れが取れる新感覚のマウスウォッシュです。

 

いままでのマウスウォッシュとどのように違うのか紹介したいと思いますので参考にしてみてください。

 

普通のマウスウォッシュとは?

ゴッソトリノ

 

ゴッソトリノと普通のマウスウォッシュとの違いを検証する前に、普通のマウスウォッシュについてその役割などをまとめてみました。

 

1.マウスウォッシュを使うの目的とは?

 

マウスウォッシュは医薬品ではありませんので虫歯や歯周病を治せるわけではありません。

 

マウスウォッシュは基本的には口の中の雑菌を殺して虫歯や歯周病、口臭をケアする働きがあります。

 

2.マウスウォッシュの正しい使い方

 

@ 歯垢はマウスウォッシュを使う前に除去しておく

 

口の中の細菌を殺すためには、出来るだけ歯磨きの段階で歯垢を取り除いておくのが理想です。

 

歯垢などの汚れには菌がたくさんついているため、事前になるべく原因筋を取り除いてからマウスウォッシュを使いましょう。

 

A 舌苔(ぜったい)も掃除しておく

 

舌にこびりついた白い苔状の舌苔(ぜったい)にもばい菌がついています。歯垢と同じで舌苔(ぜったい)も専用の歯ブラシで掃除しておきましょう。

 

3.マウスウォッシュを使うときに注意すること

 

@ マウスウォッシュは歯磨きの代わりにはならない

 

マウスウォッシュをしていると口の中がキレイになっている気がして、歯ブラシを怠る人を見かけます。

 

口の中の雑菌を効果しかマウスウォッシュにはないので、歯にこびりついた汚れは歯ブラシでしっかり落とす必要があります。

 

丁寧な歯ブラシとマウスウォッシュを併用することがベストです。

 

A 虫歯、歯周病などの口腔内のトラブルは事前に治療する

 

マウスウォッシュでは虫歯、歯周病を直すことは出来ません。

 

歯医者に行くのが好きな人はいないと思いますが、マウスウォッシュをする前に、虫歯などの治療を先にしましょう。

 

B マウスウォッシュのやりすぎはダメ!

 

口の中にある菌は、腸内の菌と同様に必要な菌も存在します。

 

マウスウォッシュをやりすぎると必要な菌まで殺してしまうことになるので、一日1〜2回の使用
止めましょう。

ゴッソトリノとマウスウォッシュのの大きな違いとは?

ゴッソトリノ

 

マウスウォッシュについてお話してきましたが、ゴッソトリノとはどのように違うのでしょうか?

 

一番大きな違いは、普通のマウスウォッシュは口内の細菌を除去するだけでしたが、ゴッソトリノなら普通のマウスウォッシュでは落とせないタンパク質の汚れまで落とすことができます。

 

有効成分であるシメン-5-オールが口の中の雑菌を一掃して、口臭の原因となる悪玉菌を徹底的に除去できるので、いつも口の中の環境は良い状態を保つことができます。

 

また、ゴッソトリノは個包装になっており、マウスウォッシュのようにキャップや付属のカップを使いまわしたりすることがないので、非常に衛生的持ち運びするのにも適しています。

 

もう一つの大きな差は、マウスウォッシュでは見えない口の中の汚れをゴッソトリノでは見ることができわずか15秒のゆすぎで口内を清潔にします。

 

吐き出したものの中に汚れが見えることで、自分の口内の汚れぐらいを確認しながら使うことができる点が人気です。

まとめ

ここでは、ゴッソトリノと普通のマウスウォッシュの違いを調べてみました。

 

ゴッソトリノでは、汚れが目で確認できる点が優れていて、歯磨きする時の目安にもなるところがおススメのポイントです。

 

ゴッソトリノの購入はコチラ

 

 

口臭対策専用マウスウォッシュ「ゴッソトリノ」

 

ゴッソトリノの最安値、口コミ、効果、成分など、基本的な情報を知りたい方は、トップページから詳細を確認してください。

ゴッソトリノトップへ