口臭を確認する方法とその対策!

ゴッソトリノ

 

口臭を自分で確認する方法と対策とは?

 

実は口臭は自分ではなかなか気づかないものです。

 

ここでは、その口臭を書くにする方法と対策について紹介したいと思います。

 

口臭の5つの原因

ゴッソトリノ

 

口臭を確認しその対策をする前に、まずはどんな時に口臭が臭くなるのかをチェックしてみます。

 

原因その1 口の中の乾燥

 

唾液の量が減少すると口臭が臭くなります。唾液には、口の中の環境を整えて、細菌が増加するのを防ぐ働きがあります。

 

緊張などからくるストレスなどで唾液の量は減少してしまいます。

 

原因その2 食べ物によるもの

 

これは分かりやすいですね。

 

餃子などにんにくを多く使った食事をした後は自分でもわかるくらい息が臭くなります。

 

原因その3 口の中の汚れ

 

食事のあとに食べ物のカスなどが口の中に残っていると口臭がにおってきます。

 

また、歯の間だけでなく、舌の上にできる「舌苔」と呼ばれる苔が原因で臭いがすることがあります。

 

原因その4 歯周病によるもの

 

歯茎がはれていたり化膿しているときに口臭がにおう場合があります。

 

原因その5 病気・体調不良

 

風邪などで特に胃の調子が悪い時に口臭が発生します。この場合には、口の中のケアでは改善されないので、医療機関でその原因と思われる病気を治療してもらいましょう。

自分で手軽に出来る口臭の確認方法

さまざまな原因で口臭が発生しますが、強く意識をしていないと自分では気が付かないものです。

 

でも、知らない間に口の臭い人という印象がついてしまうのは嫌ですよね。

 

そこで、自分で簡単に出来る口臭のチェック方法を紹介したいと思います。

 

1.コップを利用する

 

ゴッソトリノ

 

まずはコップを用意します。

 

方法は簡単

 

@ きれいなコップに息を吐いて手で蓋をする
A 10秒時間をおいてからコップの臭いを嗅ぐ

 

朝の習慣として行えばすぐに臭いに気がつき対処できます。

 

2.布かティッシュ

 

ゴッソトリノ

 

ここでは、舌の状態をチェックします。

 

鏡を準備して、歯の表面に白い苔のようなものがこびりついていたり、色が黒ずんでいる場合は、舌苔が溜まっている可能性があります。

 

舌苔(ぜったい)は、食べかすやその食べかすから発生した細菌が舌の表面に付着し臭いを発します。

 

確認方法は、布やティッシュのその舌苔をつけて臭いを嗅いでみましょう。

 

もし、クサっと思われたら、その臭いがそのまま口臭となっているケースが多いです。

 

3.マスク

 

ゴッソトリノ

 

マスクの中に意識して息をためて息を少しの間止めてから改めて臭いを嗅いでみましょう。

 

この際に注意すべきは、新しいほかの臭いのついていないマスクを使うことです。

 

手を舐めてみる

 

清潔な状態でも唾液の臭いはしますが、その臭いの程度を確認しましょう。

 

定期的に行うことで、変化がわかるので、普段から確認の方法としておけば、自分の臭いのベースとして使えるので口臭の臭さ確認の一つとして覚えておくといいと思います。

 

ここでのポイントですが、手を舐めたあとにすぐ臭いを嗅ぎましょう。時間がたって乾いた状態になると臭いがするのは当たり前なので、それでは意味がありません。

 

以上が簡単に自分の口臭を確認する方法です。

 

ほかにも、もっと正確に自分の臭いを知りたい場合は、デンタルフロスを使ってとれた歯垢を臭ってみる、オキシドール溶液を使う方法、口臭チェッカーを使う方法などがあります。

 

もっとも正しく確認できる方法は、歯科医院(審美歯科がよいです)でチェックしてもらうことです。

 

費用もかかりますし、ちょっと恥ずかしいかもしれませんが、それが一番確実なのでおススメします。

口臭に効果的な対策とは?

それでは自分の口臭が確認できた場合には、早急に手を打つ必要があります。

 

特に寝起きは以下の3点が原因として挙げられますので、寝起きの口臭を予防する方法を紹介します。

 

原因その1

 

睡眠中は口内細菌がもっとも増殖します。

 

口の中の細菌は食後3時間たった頃から増えて約8時間後にピークに達します。

 

夕食後にしっかり口の中にある細菌を除去する必要がありますね。

 

原因その2

 

唾液の量が減少し殺菌効果が定価します。
睡眠中には唾液の量が減少するために、殺菌作用が低下し口臭が酷くなります。

 

原因その3

 

唾液により洗浄効果が低下します。

 

唾液には細菌を洗い流す効果もありますが、睡眠中は起きている時と比較しても唾液を飲み込む回数が減少します。

 

そのため細菌が口内に残ったままになり臭いを発します。

 

 

では、最後に口臭の予防を紹介します。

 

予防1.就寝前の歯磨きは時間をかけてしっかり行う

 

先ほどの原因で挙げたように細菌は口の中で食後3時間ころから増加し始めます。

 

そこで、朝、昼に行う歯磨きよりも就寝前の歯磨きは時間をかけて丁寧に行いましょう。

 

予防2.舌苔(ぜったい)があればすぐに取り除く

 

いくらしっかり歯磨きをしても、舌が汚れていては口臭を防ぐことはできません。

 

舌苔(ぜったい)に気がつけばしっかり取り除きましょう

 

予防3.ストレスを抱えたまま就寝しない

 

実はストレスを溜めた状態になると、唾液の分泌量が減少してしまいます。

 

それでなくても、就寝中は唾液の分泌は減少気味なので、可能な限り就寝時は、腹式呼吸をしたり、好きな本を読むなりして気分良く睡眠に入れるように工夫しましょう。

 

予防4.口臭ケアのマウスウォッシュを使う

 

ここでは、製薬会社サン・クラルテが開発した新感覚のマウスウォッシュをおススメします。

 

2018年3月28日の読売新聞の折込に下記の広告が掲載されていました。

 

ゴッソトリノ

 

けっこうショッキングな記事ですよね。

 

これは、夫婦なので指摘できたのであろうと思いますが、実際には身内でも露骨に指摘することは難しいですねよね。

 

ましてや、友人、恋人、会社の同僚、取引先などの場合は、直接本人に言うことはかなり勇気のいることではないかと思います。

 

また、裏をかえせば

 

自分が口臭を発している時に、指摘してくれることはほとんどない

 

ということです。

 

ゴッソトリノの詳細はコチラ ⇒ 口臭対策専用マウスウォッシュ「ゴッソトリノ」

 

ゴッソトリノの最安値、口コミ、効果、成分など、基本的な情報を知りたい方は、トップページから詳細を確認してください。

ゴッソトリノトップへ